大阪福祉総合スクール,介護職員初任者研修資格取得ナビ〜ホームヘルパーから名前が変わった介護施設で働くための資格〜

大阪福祉総合スクールで講座を受ける魅力

厚生労働省の指針により、平成25年3月にホームヘルパー2級講座が廃止され、これに代わる資格として4月から介護職員初任者研修が新設されます。
これまで介護に関する資格はホームヘルパー1級・2級、介護福祉士、介護職員基礎研修など、たくさん種類があり、それらが重複していたり、連動されていなかったりとシステムが非常に煩雑になっていました。
今回は介護に関する知識や技術をプロセスを踏んで修得することができるように、また、一生涯に渡って介護の仕事に従事していけるようになります。

 

そんな介護職員初任者研修ですが、既に介護の仕事に就いている人にとっても、これから介護職を志す人にとっても必要な資格です。
どこの学校で介護職員初任者研修を目指そうかと迷っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。
それなら大阪福祉総合スクールの介護職員初任者研修がおすすめです。

 

その理由はまず、受講料がとてもお得だからです。
平成25年4月から介護職員初任者研修が開講されることの記念として、また、介護業界を後押しするために、受講料の割引キャンペーンが開催されます。
通常84,000円の受講料のところ、割引キャンペーンにつき、69,000円となりますので今がチャンスですよね。この受講料には、消費税とテキスト代も含まれています。

 

支払い方法は一括払いと分割払いを選ぶことができます。
分割払いの場合は2回分割のみで、割引キャンペーンの場合、1回目に40,000円、2回目に29,000円を支払います。
通常価格の場合は1回目に45,000円、2回目に39,000円の合計84,000円を支払います。
全てのクラスがこのキャンペーンの対象となっているので今始めると良いですね。

 

次に、働いている人でもスクーリングに通えるようなクラス設定になっており、平日のクラスや短期クラスに加え、土曜クラスと日曜クラスも用意されています。
また、万が一スクーリングを欠席する場合は、連絡さえすれば別のクラスのカリキュラムに振替してもらうことができます。
この際、費用が発生することがありませんので安心です。

 

短期クラスを選択すればたったの1ヶ月で介護職員初任者研修の資格を取得することができるのでお急ぎの方は特におすすめです。

 

さらに、ホームヘルパー2級から介護職員初任者研修に移行することで、スクーリングの最終日に修了試験が義務付けられましたが、もし一度不合格になってしまったとしても、その日の内に再試験を受けることができますし、合格できるまでしっかりサポートしてくれます。
そして、介護職員初任者研修を修了した後に、現場で体験実習を行いたいという人には体験実習を用意してもらえますので、スクーリングで学んだことをすぐに活かすことが可能です。

 

このように、他のスクールと比べてとても魅力的なことがたくさん用意されていますから、ぜひ大阪福祉総合スクールでの受講を検討してみてください。