介護職員初任者研修資格取得ナビ〜ホームヘルパーから名前が変わった介護施設で働くための資格〜

大阪福祉スクールの介護職員初任者研修のカリキュラム

大阪福祉スクールの介護職員初任者研修におけるカリキュラムには実際に学校に通って学習するスクーリングが組み込まれています。
このスクーリングは15回通う必要があり、下記のようなカリキュラム内容を学んでいきます。
スクーリングでは講義と実技の授業で福祉や介護についての知識と技術を身に付けていきます。

 

【スクーリングの詳細なカリキュラム内容】
第1回:職務理解@、介護時の尊厳の保持と自立支援について
第2回:職務理解A、介護時の尊厳の保持と自立支援について
第3回:障害の理解、福祉や介護のサービスの理解および医療との連携
第4回:介護の基本、介護時のコミュニケーションの技術
第5回:認知症の理解、老化についての理解
第6回:介護における基本的な考え方、
介護に関わる体のしくみの理解、介護に関わる心のしくみの理解
第7回:家事と生活、介護と快適な住居整備
第8回:整容に関連した体と心のしくみと自立支援介護
第9回:移乗と移動に関連した体と心のしくみと自立支援介護
第10回:食事に関連した体と心のしくみと自立支援介護
第11回:清潔保持と入浴に関連した体と心のしくみと自立支援介護
第12回:睡眠に関する体と心のしくみと自立支援介護、
排泄に関する体と心のしくみと自立支援介護
第13回:介護過程の基礎的な理解、

死期を迎える人に関する体と心のしくみと終末期の介護
第14回:総合生活支援技術演習について
第15回:振り返り講義、修了試験および合否発表
※この修了試験に不合格だった場合は補講と再試験を行います。
万が一、再試験にも合格できなかった場合には、他のクラスの補講と再試験を3回まで受けることができます。