介護職員初任者研修資格取得ナビ〜ホームヘルパーから名前が変わった介護施設で働くための資格〜

介護職員初任者研修の資格を取得する意味

介護サービスを提供する現場において、これまで以上に資格が求められるようになって来ています。
訪問介護やデイサービスなどを提供している事業所においては、常駐している介護福祉士の割合によって介護保険収入が異なってくるからです。

 

当然、資格を持っている人は懸命に学ぶ意欲があることの表れですし、
その人自身に知識や技術が身に付いている証でもあります。
それと同時に介護保険収入の件もありますので、事業所からは最も手に入れたい人材であるということになるでしょう。
介護の仕事に就きたいと考えている人は間違いなく介護職員初任者研修の資格を取得していれば有利になると思います。

 

しかし、それ以上に資格を取得する本当の意味は、介護の仕事を今後行って行く上で、自らの成長を促進させることです。
介護の現場では、人を相手にします。
ですから、小手先の技術ではとてもではありませんが対応することができません。
知識や技術もさることながら、要介護者の気持ちを理解し、
思いやりのある態度で接したり、その気持ちを伝えて相手に安心してもらえるような高いコミュニケーション力が求められます。

 

このような思いやりは知識や技術をしっかりと身に付けていなければ余裕を持って表すことが難しいと思います。
それに自分が努力して、成長することで要介護者が信頼してくれるのであれば、自然ともっと学ぼうという気持ちになるはずです。
そのように志が高い人は資格取得を目指して日々努力しています。