介護職員初任者研修資格取得ナビ〜ホームヘルパーから名前が変わった介護施設で働くための資格〜

介護職員初任者研修における厚生労働省の教育訓練給付金制度について

教育訓練給付制度は労働者の雇用や再就職の安定を目的に厚生労働省によって設けられています。
介護職員初任者研修は教育訓練給付金制度が適用される講座として、
厚生労働省に指定されているので、講座が修了した後に、受講料の内の一部が還付されます。
ただし、条件があります。

 

まず対象者ですが、

  1. 1. 雇用保険の被保険者であり、被保険期間が3年以上の人。

    ただし、初めて教育訓練給付金の支給を受ける場合は被保険者期間が1年以上でも可能です。

  2. 雇用保険の被保険者であった人。

    離職日翌日(一般被保険者資格を失った日)から1年以内で、3年以上の支給要件期間がある人。
    こちらも初めて教育訓練給付金の支給を受ける場合は被保険者期間が1年以上でも可能です。

 

  • いずれの場合も受講料を自分で払った場合限定です。
  • 教育訓練給付金の申請をしたい人は居住地域を管轄しているハローワーク(公共職業安定所)で自分が給付の対象に当てはまるかどうかを確認してください。
  • 受講を始める日に満66歳の人はこの制度が適用されません。
  • 雇用保険の一般被保険者の資格を失った日から1年以内の間に疾病や負傷、妊娠、出産、育児などで教育訓練を受けられないことをハローワークの所長に申し出た場合、4年を限度とした教育訓練を受けられない日数を加えた期間の間に教育訓練の受講を開始した場合にも教育訓練給付金を受けることができます。ただし、教育訓練給付適用対象期間延長申請書を提出することが求められます)

 

次に給付される金額ですが、介護職員初任者研修の講座を修了した場合、
それを受講するために本人が払った受講料の内の20%が講座を修了した後にハローワークで受け取る事ができます。
ただし上限は10万円と設定されています。
また、4千円を超えない場合には教育訓練給付金は支給されません。

 

手続きの方法は、オリエンテーション時に配布される受講者カードにマークを付けてください。
教育給付金制度の講座を修了した後、
修了証明書が発行される際に教育訓練給付金支給申請書と教育訓練修了証明書、受講料領収書が渡されます。
案内書に記載されている通り、申請書を作成した後、修了証明書に書かれている修了日から1ヶ月以内にハローワークに提出してください。